大切なのは未来

2015年08月29日

夏の終わりに良いことがありました。

30代の若いお客様。

初めてのいらした時から、経絡やリンパ節の滞りで「痛い痛い」を連発しながらも

アーユルヴェーダを受けに通い続けていただいて1年。

やっと昨日、私の通常の強めの圧をかけ続けても痛がらず、

大量の汗をかいて「とてもスッキリ!軽くなりました」とお帰りになりました。

体質が改善され、きちん老廃物が流れるようになったということ。

代謝アップが進んでいる証拠です。

肉質がやわらかくなってきたので一度の施術で、

ふくらはぎ、太もも、お腹まわり、二の腕と、トータル15センチ弱サイズダウン。

「エステの後は肌がやわらかくなっている」

とご家族に言われるそうです。嬉しいこと!

10月に挙式をあげられるお客様のあふれる笑顔に、私も幸せと元気を頂きました。

これから家族をつくりママになっていく女性

ママとして毎日奮闘している女性

会社員として脂がのりバリバリ働いている女性

日本の社会のこれからー未来ーを担っていく女性のお手伝いをできることが至福です。

生をうけ、親に大切に育ててもらい、感謝しながらも、

それを”親となり自分の子供へ繋ぐ”人生を選びませんでしたので

自分が”未来”に何ができるかを常に考えます。

「大切に思うのは未来」。

それが50代の今、いろいろな場面で判断の基準であり、仕事の一番のモチベーションになっています。