晩秋のスキンケア~オイルトリートメント~

2018年11月14日

s-IMG_0141(1)

温かい11月ですがようやくイチョウが黄葉し始めました。
徐々に日中も冷え込むようになってきました。
晩秋のスキンケアはどうされていますか?

気温が下がって血行が悪くなるため、代謝が落ち、お肌は冷えやすくなっています。
肌がハリをなくし、お顔は老けた印象になりやすい時期です。
お肌の乾燥対策をしっかりして、ハリと潤いを失わないようにしましょう。

洗顔後はしっかりオイルやクリームでお肌に蓋をしてください。
夜はいつものクルームを塗る際に、
普段よりたっぷり目にとって、少しマッサージをしながら塗り込むと効果的です。
効果が本当に違うのでぜひ試してみてください。
お肌の表面をすべるくらいたっぷり摂るのがポイントです。

カラダも乾燥が進んでいます。
お客様のカラダも乾燥が目立ちます。
カサカサするほどではないので皆さま自覚がないようなのですが
オイルマッサージをしていますと、オイルを塗布しても塗布してもおカラダが吸い込んでしまいます。
お風呂上りにはどうぞオイルやクリームケアをわすれずに!

アーユルヴェーダでいよいよ「風の季節、ヴァ―タ」に入りました。
風のようにふわふわと軽く、冷たく、乾燥するこれからの時期
カラダは便秘や不眠・頭痛、冷え性に膨満感といった様々な不調を起こします。
これらにはオイルトリートメントがとても効果的です。
セルフケアでおいつかない不調には、一度アーユルヴェーダを受けにいらしてください。

Detox Salon Kunico(デトックスサロンクニコ)